2018年11月より京都市胃がん検診が内視鏡で受けられるようになりました。従来はバリウムを飲むレントゲン検診しかありませんでした。これはあくまでも影を診ており、二次検診で内視鏡による精密検査が必要でしたが、これからは最初から内視鏡で検査できるようになりました。

京都市民で50歳以上の方が受けられます。

ご希望の方はご相談ください。

費用は三千円です。

ただし検診ですので下記の方は受けられません。

1胃疾患で治療中

2過去に胃全摘手術を受けた

3妊娠中

4入院中

5抗血栓薬(血をサラサラにする薬)内服中